上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去年の組織学は大変だった。
ひどいときは深夜2時まで粘った。
年越しを実習室でした人もいたらしい。
でも意義深いものだった。
病理学標本を、まだそんなにみてはいない。
でも、心筋の形態が全くちがうことに驚く。
腎臓の近位尿細管の細胞の核が全くなくなっているのに愕然とする。
まるで細胞が悲鳴をあげて死んでいくみたいに。
スポンサーサイト
2010.05.26 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kumabearpress.blog2.fc2.com/tb.php/59-d296a641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。