上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前の大学の人に、医学部受験をすると言ったら、真剣に止められたことがある。
進学校の中で最もできる人々が医学部を目指していた。
そもそも、文系というだけで医学部受験をしようという人々からみたらあまりできるとはみなされなかった。
理系に今いるならともかく、文系にいてしかも受験から何年も経っているのだから到底無理だ、と。
私が現役のころはバブル真っ只中で、医学部受験がそんなに盛り上がっていなかったころだから、いまいち実感がなかった。
バブル崩壊後に大学受験をした人がそういうのだからきっとそうなのだろうと思った。
実際、前の大学の理系にいてさえ、医学部再受験は成功までかなり時間がかかっていたようだった。
だから私はここの医学部に入るまで、医学部の人は東大や京大の非医学部は当然受ければ通るものと認識していると思っていたし、実際そうだろうと思っていたのだ。
しかし実際は、私の学歴を聞いたとたんに硬直する人が多くて驚く。
もしかしたら私が女だから?
そうだとしたら何と悲しいことだろう。
スポンサーサイト
2011.06.28 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。